岡本スケートボード 女子パーク4連勝

東京オリンピックの新競技スケートボードで、オリンピック出場へのポイントを獲得できる国際大会が17日ブラジルで開かれ、

女子パークにて13歳の世界女王、”岡本碧優”選手が4連勝を果たした。

 

スケートボードでは、東京オリンピック出場へ向けポイント制が導入されており、全国各地でポイントを賭けた戦いが繰り広げられている。

17日は世界トップ選手が集まり、リオデジャネイロにて大会が行われた。

 

今年9月の世界選手権で優勝を果たした岡本選手は、キレのあるジャンプや体を1回転半させる「540」など大技を繰り広げ、

東京大会へのポイントを賭けた大会で4連勝を果たした。

 

また同大会にて”四十住さくら”選手も準優勝を飾り、日本選手の東京大会への期待が高まっている。